アイフルはアルバイト・パートでも申込める、審査に落ちる原因と対策

アイフルは下記の申込み条件を満たしていれば、アルバイトやパートの人で申込めます。
【申込み条件】

  • 満20歳以上69歳まで
  • 安定的な収入と返済能力を有する方

アルバイトやパートの人はカードローン審査に通りにくいと言われているので、「アルバイトでも申込めるからといって審査には通らないのではないか?」と不安に思っているのではないでしょうか。

ここでは、アイフル運営「アイフルひろば」の情報に基づいてアイフル審査に落ちる原因と対策について解説します。

審査落ちの原因と対策

考えられる審査落ちの原因は以下です。

  • 収入が安定していない
  • 希望金額が年収の1/3を超えている
  • 申込内容に不備や虚偽申告がある
  • 多くの金融機関から借入している
  • 信用情報に傷がついている
  • 多重申込みをしている

上記の審査落ちの原因を確認して対策をしましょう。

収入が安定していない

アイフルでは申込条件として「安定した収入」を明記しているので、収入が安定していないと判断された場合、審査に落ちます。

安定した収入とは「継続的な一定金額の収入」のことを指します。

そのため、アルバイトやパートでも月に1回以上の給与を得ているなら、審査に通る可能性はあります。
しかし、アイフル公式「学生でもアイフルのキャッシングローンへの申込みはできる?」によると、「日雇いや即日払いのアルバイトは収入が単発になるため、安定しているとは言えません。 歩合制のような、毎月の収入金額に極端な差がある場合も同様です」とのことです。
なお、アイフル担当者に日雇いでも申込めるのか確認したところ、「満20歳~69歳までの人で、定期的なお仕事されている人でしたら申込み可能で、借入れ可能かは審査で判断する」とのことでした。

対策:収入を安定させる

アルバイトやパートの人は毎月8万円稼ぐなど目標を立て、目標金額を達成できる最低限のシフトは入れましょう。
出勤日が不規則でも毎月安定した収入を得ることができます。

目標金額は下記の方法で設定しましょう。
目標額=借入希望金額の3倍の年収÷12ヶ月
※借入できる額は年収の3分の1までです。そのため、年収は借入希望額の3倍は必要です。

たとえば、借入希望額が20万円の場合、毎月の目標額は5万円です。
5万円=20万円×3÷12ヶ月

申込内容に不備や虚偽申告がある

申込内容に不備がある場合、確認の時間がかかるだけではなく、審査に落ちる可能性があります。

また、「収入を多めに申告した」「勤続年数を偽った」など、虚偽の申告があった場合は審査に落ちます。
なお、契約手続き後に虚偽申告が発覚した場合も会員契約違反となりカードローンは停止になります。

アイフル公式「アイフルカード会員規約」

対策:申込内容は正確に

申込内容は噓偽りなく、正確な情報を申告しましょう。
自分の電話番号やメールアドレスを間違って申告した場合、審査結果の連絡が届かなくなります。

また、年収を偽って入力しても、収入証明書の提出が求められたときなどに虚偽申告をしたとバレて審査に落ちます。

そのため、申込情報は噓偽りなく正確に申告しましょう。

希望金額が年収の1/3を超えている

アイフルなどの消費者金融は、貸金業法で定められた「総量規制」というルールに基づいて融資をおこなっています。

総量規制とは「貸金業者は申込者の年収の3分の1を超える融資は禁止」というものです。
そのため、希望金額が年収の3分の1を超える人は審査に落ちます

ちなみに、総量規制は1社からの借入れだけではなく、「他社の貸金業者の利用残高とクレジットカードのキャッシング枠」も対象です。
たとえば、年収90万円のアルバイトの人は、年収の3分の1である30万円までしか借入れできません。
年収90万円の人がプロミスから20万円借りていたら、アイフルからは最大10万円までしか借入できません。

希望金額は必要最低限にする

希望金額は必要最低限にしましょう。

アイフル公式「キャッシングの審査に通らない事はあるのか?再申込する際の注意点も解説」によると、希望金額が大きいほど審査は慎重におこなわれ、希望金額が必要最低限だと審査がスムーズに進む可能性があるとのことです。

多くの金融機関から借入している

カードローンの申込履歴・利用履歴はJICCやCICなど信用情報期間に記録されているので、各金融機関は申込者が複数のカードローンを利用していることを確認できます。

アイフル公式「キャッシングの審査に通らない事はあるのか?再申込する際の注意点も解説」によると、他社借入れがあってもカードローン申込みは可能ですが、申込件数や借入金額が多いと審査に影響する可能性があるとのことです。

対策:他社からの借入件数や借入金額を減らす

借入件数や借入金額が多いと総量規制に抵触するする可能性があるので、アイフルに申込む前に他社からの借入件数や借入金額を減らしましょう。

信用情報に傷がついている

信用情報に傷がついていると審査に悪影響を与える可能性があります。

各金融機関は、本審査のときJICCやCICなどの信用情報期間へ照会をおこないます。
信用情報期間には、クレジットカードやローンの契約内容、返済状況などが記録されています。
もし、過去にクレジットカードやカードローンで61日以上滞納があった場合、信用情報機関に、「遅延情報」としてデータが記録されます。

アイフル公式「審査なしでお金を借りる事は不可能!カードローンの申込条件と審査時のチェック項目」によると、遅延情報が記録されていると審査に悪影響を与える可能性があるとのことです。

信用情報から遅延情報が消えるまで申し込まない

信用情報機関である JICC公式によると、遅延情報は完済してから5年間は記録として残るとのことです。
そのため、滞納経験がある人は、完済していても5年間は申込まないようにしましょう。

多重申込みをしている

アイフル公式「キャッシングの審査に通らない事はあるのか?再申込する際の注意点も解説」によると、「カードローンの申込履歴は信用情報機関に記録され、複数社への同事申込=お金に相当困っている人として認識され、返済能力が低いと判断される可能性がある」とのことです。

対策:多重申込を避ける

同時に複数社に申込みするのは避け、1社申込みをした結果が出てから、次のカードローンに申込むか検討しましょう。

アイフル申込みの流れ

WEB申し込みでは、24時間365日、いつでもアイフルへ申し込むことが可能です。

【申し込みの流れ】

  1. アイフルの公式サイトから申し込みボタンをクリック
  2. 申し込みフォームに必要事項を入力して提出
  3. 申し込み完了後、書類提出に関するメールが届く
  4. 本人確認書類の提出(場合によっては収入証明書も必要)
  5. 審査がおこなわれ審査結果のメールが届く
  6. スマホ、パソコンから契約手続き
  7. 契約後、スマホアプリやATMからお借入れ

ちなみに、プロミスやアコムでは、審査担当者が職場に電話連絡をして在籍確認を行いますが、アイフルでは原則職場に電話連絡を行いません。
アイフル担当者によると「電話連絡はしないが、場合によっては書類の提出を求める場合がある」とのことです。