楽天ペイのクレジットカード払いとチャージ払いの違い

楽天ペイを利用すれば、楽天カード単体で利用するよりも、支払手続きがスムーズになったり、ポイント還元率が高くなったりと、お得にお買い物ができます。

ただし、楽天ペイには「クレジットカード払い」と「チャージ払い」の2種類の支払い方法があり、どちらの支払い方法を利用するかで、支払い手続きのスムーズさとポイント還元率が異なります。

ここでは、楽天ペイを利用するメリット、また、クレジットカード払いとチャージ払いの違いについて解説します。
クレジットカード払いとチャージ払いの違いを理解して、自分に合った支払い方法を確認しましょう。

楽天カードを紐づけて楽天ペイを利用するメリット

楽天ペイとは、楽天会員が利用できるスマホ決済アプリです。

アプリに表示されるQRコードをスキャンしてもらうことで支払いが完了します。
「バッグからお財布を取り出して、お財布からクレジットカードを取り出す」一連の流れを省略できるので、スマホ決済は、タッチ決済のように支払いスピードが速いのが特徴です。

また、楽天カード単体のポイント還元率は1.0%ですが、楽天ペイを利用すれば、ポイント還元率は1.5%です。

そのため、楽天カード利用者は、楽天ペイを利用することで、支払いがスムーズになったり、楽天ポイント還元率を上げることができます。

なお、楽天カード以外の利用者は、支払いスピードはスムーズになりますが、楽天ポイントは得られないので、ポイント還元率向上の恩恵を受けられません。

クレジットカードを登録することで2種類の支払い方法を利用できる

楽天ペイにはクレジットカード払いとチャージ払いの2種類の支払い方法があります。

クレジットカード払いとチャージ払いの異なる点は以下の3点です。
【クレジットカード払いとチャージ払いの違い】
・支払い元
・決済までのプロセス
・楽天ポイントの還元率

上記の3点を確認したうえで、自分に合った支払方法を確認してみましょう。

クレジットカード払い

クレジットカード払いは、支払い元がクレジットカードです。
アプリを開いたら、画面にバーコードとQRコードが表示されます。
表示されているバーコード、またはQRコードをスキャンしてもらうことで決済が完了します。
楽天ペイ

クレジットカード払いの場合、支払いスピードは速いですが、
ポイント還元率はクレジットカード単体で利用した場合と同じです。
たとえば、楽天カードのポイント還元率は1.0%なので、楽天ペイを利用しても支払い方法がクレジットカード払いの場合は、得られるポイントは1.0%です。

ただし、楽天ペイの各種キャンペーンを利用すれば、クレジットカード払いでも楽天ポイントを効率よく貯めることは可能です。

なお、支払い元が他社クレジットカードの場合は、楽天ポイントは付与されません。
たとえば、支払い元がアメックスの場合、付与されるポイントはアメックスです。

ポイント還元率よりも、決済の手軽さに重点を置いている人は、クレジットカード払いにするといいでしょう。

チャージ払い

楽天ペイには、クレジットカード払いのほかに、「楽天キャッシュ」にチャージした残高で支払う方法のチャージ払いがあります。

楽天キャッシュへのチャージ方法は以下の3つです。
【チャージ方法】

  • 楽天カード
  • 楽天銀行口座振替
  • ラクマの売上金

上記の3つの方法が、チャージ払いの支払い元です。
楽天キャッシュに残高をチャージした後、表示されているバーコード・QRコードをスキャンしてもうらことで決済が完了します。
楽天ペイ

楽天カードからチャージした場合、200円ごとに1ポイント貯まります。
加えて、楽天キャッシュで100円支払うごとに1ポイント貯まるので、チャージ払いの還元率は実質1.5%です。

楽天ペイのクレジットカード払いとチャージ払いで還元されるポイント数を確認してみましょう。

【クレジットカード払い 支払い額1,000円】
クレジットカード払いで1,000円のお買い物をした場合は、付与される楽天ポイントは10ポイントです。
楽天カード単体で利用した場合と同じポイント還元率です。

【チャージ払い 支払い額1,000円】
楽天キャッシュに1,000円チャージした際に、楽天ポイントが5ポイント付与されます。
そして、チャージした楽天キャッシュで支払いすると、さらに10ポイント付与されます。
つまり、チャージ払いで1,000円分お買い物をした場合、合計15ポイント付与されます。

なお、楽天銀行、ラクマからチャージした場合は、チャージ時のポイント付与がないので、ポイント還元率は1.0%です。

【ポイント還元率表】

決済方法 支払い元 ポイント還元率
クレジットカード払い 楽天カード 楽天ポイント1.0%還元
(100円ごとに1ポイント)
その他カード カード会社ごとに異なる
(楽天ポイントの付与なし)
チャージ払い(楽天キャッシュ) 楽天カード 楽天ポイント1.5%還元
(200円チャージごとに0.5ポイント+100円支払うごとに1.0ポイント)
楽天銀行 楽天ポイント1.0%還元
(100円ごとに1ポイント)
ラクマ 楽天ポイント1.0%還元
(100円ごとに1ポイント)

また、チャージしたポイントは、楽天ペイ利用者の間で送金できます。
たとえば、お財布を忘れて買い物に行った家族がいても、送金をすることで自宅に戻らず買い物を続けられます。

チャージ払いは、残高をチャージする手間がかかりますが、ポイントの還元率を上げたい人、個人間での送金機能を利用したい人にはおすすめの方法です。