アイフルは再契約が不要な場合と必要な場合がある、また審査は必要なのか

「以前、利用していたアイフルをもう1回利用したい」と思うも人もいるのではないでしょうか。
アイフルには再契約が必要な人と不要な人がいます。
また、再契約が必要な人は新規申込になるので審査を受ける必要があります。

そこで、ここでは再契約が不要な場合と必要な場合、再契約の方法について紹介します。

再契約が不要な場合がある

アイフルの再契約が不要な人は解約手続きを行っていない人です。

基本的にアイフルは自動解約がないので、「完済した」「利用限度額を残して1年間使っていない」という人でも、解約手続きを行っていなければアイフルとの契約状態は続いています。

そのため、ローンカードが残っている人はすぐにアイフルからお金を借りられます。

なお、後述しますが完済して5年間何も取引しなかった人は自動解約になっているので、新規申込をしなければいけません。

契約が継続中か分からない場合はアイフルに問い合わせる

アイフル担当者によると、「契約者本人からフリーダイヤルに問い合わせてくだされば、契約しているか解約しているか確認します」とのことでした。

フリーダイヤル:0120-109-437(平日9:00~18:00 年末年始不可)

ローンカードを紛失した人

「解約していないけどローンカードを捨ててしまった」という人はローンカードの再発行をしましょう。

ローンカードを再発行したい人は下記に連絡して「ローンカードを紛失したので再発行したい」旨を伝えましょう。再発行手数料は330円(税込)です。

【連絡先】

  • 会員専用ダイヤル:0120-109-437(平日9:00~18:00、年末年始は不可)
  • 夜間カード紛失・盗難専用ダイヤ:0120-109-334(上記以外の時間すべて、年末年始可)

なお、再発行は郵送手続きになり、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類のコピーを送付する必要があります。

カード不要で借入れる方法がある

借入れはローンカード以外に、銀行振込かスマホアプリでも可能です。
ローンカードの再発行を待っている時間はないという人は上記の方法いずれかで借入れるといいでしょう。

銀行振込

銀行振込は、電話かアイフル会員サイトから振込予約をおこない、利用している銀行口座にお金を振り込んでもらう方法です。
銀行振込は手数料無料で、最短10秒で振込みが可能です。

振込依頼はアイフル会員サイトから手続きをしましょう。
電話の場合、受付時間が(平日9:00~18:00)ですが、会員サイトからの振込依頼は24時間365日受付しています。

アイフル会員サイト:会員サイト
会員様専用ダイヤル:0120-109-437

なお、24時間365日振込みに対応しているのは、振込可能時間拡大(モアタイム)を導入しているメガバンクなど、全国約1,200の金融機関です。
振込可能時間拡大(モアタイム)を導入していない金融機関は、平日の8:30~15:30までが振込可能時間です。

ご利用の金融機関の振込可能時間は以下から確認できます。
接続予定一覧

スマホアプリから借入れ

スマホアプリは全国のセブン銀行、ローソン銀行ATMから借入れできます。
セブンATMやローソンATMは24時間利用可能なので深夜の借り入れもできます。

なお、スマホアプリからの借り入れは、所定の提携ATM手数料がかかります。

住所や勤務先が変更になっているなら届け出が必要

過去にアイフルを利用していた時と住所、勤務先が異なる場合は速やかにアイフルへの届け出が必要です。

アイフル会員規約によると、「住所・勤務先の変更、長期欠勤・休職、退職・解雇等があったにもかかわらず速やかに届出なかったことをアイフルが知ったとき、直ちに債務の全額を支払う」という記載があります。

そのため、アイフルからもう1度お金を借りている間に住所や勤務先の届け出がないことを知られた場合、借入れした額をすぐに返済しなければいけません。

住所や勤務先の変更手続きは会員サイトか電話で受付しています。
会員サイトなら24時間受付しているので、変更手続きは会員サイトから行うといいでしょう。

会員サイト
会員専用ダイヤル:0120-109-437(平日9:00~18:00 年末年始不可)

再契約が必要な人

アイフルの再契約が必要な人は下記に該当する人です。
【再契約が必要な人】

  • 解約手続きを行った人
  • 完済して5年間何も取引しなかった人

会員規約によると「完済して5年間何も取引しなかった人は自動的に契約を終了にする」といった内容が記載されています。

そのため、解約手続きを行っていなくても、5年以上アイフルを利用しなかった人は再契約が必要です。

再契約の方法

再契約は新規申込と同じなので、審査、書類の提出、在籍確認も行います。

申込方法は下記のいずれかから選択できます。
【申込方法】

  • インターネット
  • 電話
  • 無人契約機
  • 店頭窓口

2021年2月17日時点では、インターネット申込みが主流です。
インターネット24時間どこからでも申込可能で、店舗のように待ち時間が発生することもないのでインターネットから申込がおすすめです。

在籍確認は原則電話連絡なし

アイフルでは、原則電話による在籍確認ないので、職場に電話がくることはありません。

アイフル担当者によると「電話連絡はないが、在籍確認のため書類の提出を要求する場合がある」とのことでした。

アイフルの特徴

アイフル

アイフルのおすすめのポイント

  • ネット申し込みから電話で急ぎの融資にも対応
  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • 誰にも知られずWEB完結利用で郵送物なし!

過去の利用実績が審査に与える影響

アイフル運営「カードローンで借入がしやすい人の条件は?審査のポイントや注意点を紹介」によると、「過去にクレジットカードや他のローンの返済・完済実績があるかどうか、審査時には必ず確認をすることとなります」と記載があります。

そして「遅れなく返済をしてきた実績がある場合には、信用情報においてはプラスにはたらくという考え方もあります」という記載があるので、過去に問題なくアイフルを利用していた人は、再契約の際に審査がスムーズに行われる可能性があります。

債務整理や延滞をした人は再契約が難しい

延滞や滞納をした場合、異動情報(金融事故情報)として、CICやJICCといった信用情報機関に記録が残ります。また、返済できない借金を清算するための債務整理も同様です。
異動情報が記録されることを信用情報に傷が付くといいます。

アイフル運営「個人信用情報とは?各種ローンの審査に通らない理由」によると、信用情報に傷が付いていると審査に通らない可能性大とのことです。

ただし、異動情報は一定期間を過ぎれば信用情報機関から記録が消えるので、アイフルと再契約ができる可能性があります。
異動情報は、延滞、滞納、債務整理を解消してから5年後に消えます。

参考:JICC公式

信用情報は開示請求できる

信用情報に傷が付いているか不安な人は、開示請求を行うといいでしょう。
開示請求はスマホからでもできます。開示請求の詳細については下記から確認できます。

JICC公式:スマートフォンによる開示請求

アイフルの特徴

アイフル