ATM手数料はかかりますか?

借入や返済時にATM手数料がかかるか否かは、利用するATMによって変わります。借入先が提供するATMでは借入や返済時に手数料がかからず、提携ATMでは手数料がかかるというのが一般的です。

借入先が提供するATMとは、借入先もしくはその関連企業が自ら提供しているATMのことです。一方、提携ATMは借入先と提携しているコンビニや銀行などが提供するATMを指します。

基本的に提携ATMで借入や返済をする際は、取引の金額が1万円以下なら110円(税込)、1万円超なら220円(税込)の手数料が発生します。発生したATM手数料は毎月の返済額に含まれて請求されるため、個別で支払う必要はありません。

手数料がかかるATMとかからないATMは、借入先の公式サイトの返済に関するページに記載されています。ATM手数料がかかるか否かを調べたい際は、借入先の公式サイトを確認してみると良いでしょう。