プロミスから土日に即日融資を受ける方法

「急にお金が必要になってすぐにお金を借りたい、しかし土日でも即日融資してくれるのだろうか」と不安なのではないでしょうか。

プロミスは土日に申し込んでも即日融資を受けることができます。

ただし、即日融資を受けるには、遅くても20:30前に申込みを完了させたり、必要書類を準備しておくなどポイントがあります。

ここでは、プロミスから土日に即日融資を受ける方法について解説します。

プロミスから土日に即日融資を受ける流れ

プロミスから土日に即日融資を受ける流れは下記の通りです。

【申込の流れ】

  1. WEBから申し込む
  2. 受付完了メールが届く
  3. 審査が行われる(必要書類の提出と在籍確認)
  4. 審査結果をメール・電話のどれかで受け取る
  5. 審査通過後、WEBで契約手続きを行う
  6. 口座振込・ATMのどれかで借入れする

WEBから申し込む

プロミスの申込方法は、WEBや電話、郵送、店舗窓口などありますが、土日に申込受付をしていて、早く融資を受けられるのは24時間いつでもパソコンやスマートフォンから申込めるWEB申込みです。

電話申込みなどは、契約手続きを郵送で行うので時間を要しますが、申込みから契約手続きまで自宅にいてもできるので、来店や郵送時間を要しません。

そのため、プロミスから土日に即日融資を受けたい人は、WEBから申込みましょう。

ちなみに、WEB申込みならローンカードや契約書などの郵送物をなしにできるので、誰にも知られずに即日融資を受けられます。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短30分で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短30分で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから融資まですべてWEBで完結可能
  • 瞬フリ利用で土日夜間でも24時間365日最短10秒!
  • アプリローンの利用でカードなしでセブン銀行ATMから借入可能
実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短30分


20時半までにプロミスへの申込みを済ませる

プロミスは土日でも即日融資が可能ですが、申込みの時間によっては即日融資ができません。

プロミス運営「今日中にお金が必要!プロミスで即日融資を受けるにはどの申込方法が良い?」によると、即日融資を受けたい人は、「どんなに遅くても、20時半までにはお申込みを済ませておきましょう」と記載されています。

なぜなら、プロミスの審査時間は9時~21時で、審査に最低30分要するからです。
21時を過ぎてしまうとプロミスの審査は翌日以降になります。

なお、審査の混雑によっては、20時半にプロミスに申し込んでも審査時間に間に合わない可能性があるので、時間に余裕を持って申込みを済ませましょう。

必要書類を準備する

プロミスの申込みには本人確認書類と場合によっては収入証明書が必要です。

ここでは、WEB申込の際に行う「金融機関口座でかんたん本審確認」で必要な本人確認書類について解説します。
下記の書類の中から1点用意しましょう
【必要本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート(2020年2月3日以前に申請し発行されたもので、自宅住所が記載されているもの)
  • マイナンバーカード(通知カードは不可)
  • 在留カード
  • 住民基本台帳カード

上記書類に記載されている住所と現在の住所が異なる人は、現在の住所が記載されている以下のいずれかの書類1点も追加で必要です。
【追加書類】

  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書

プロミスで必要な本人確認書類について詳細を知りたい人はプロミス公式「お申込条件と必要なもの」から確認できます。

収入証明書が必要な場合

下記に該当する人は収入証明書が必要です。
【収入証明書が必要な人】

  • 希望のお借入額が50万円を超える
  • 希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超える

収入証明書が必要な人は、下記の書類の中から1点用意しましょう。
【収入証明書】

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 給与明細書(直近2カ月分)

マイナンバーカードを持っている人は、コンビニで所得証明書を発行するといいでしょう。

マイナンバーカードを持っておらず、町役場が遠くて所得証明書の発行が難しい人は、勤務先に源泉徴収票か給与明細書を発行してもらうといいでしょう。

勤務先が土日休みの場合、プロミスからの在籍確認はどうなる

在籍確認とは、申込みの際に記入した勤務先に在籍しているかどうか、プロミスの審査担当者が確認する作業です。

在籍確認の方法は基本的に電話で行われます。プロミスの担当者が勤務先に電話をかけて、申込者が電話に出る、または申込者以外の人が在籍していると回答すれば在籍確認は完了します。

もし勤務先が土日休みで在籍確認がとれなかった場合、在籍確認が平日になり、土日に即日融資を受けられません。

プロミス運営「今日中にお金が必要!プロミスで即日融資を受けるにはどの申込方法が良い?」によると、「お申込みする日が定休日にあたる場合は事前に相談しておくようにしましょう>」と記載されています。

そのため、勤務先が土日休みの場合は、事前にプロミス担当者に「勤務先が土日休みだけど即日融資を受けたい」と相談しておきましょう。

プロミス担当者によると、「相談のタイミングは申込み前、または申込み後すぐにお願いします」とのことです。

事前相談は、下記のプロミスコールから可能です。
プロミスコール:0120-24-0365(9:00~21:00 土日祝日対応)

土日対応の借入方法は瞬フリか提携ATM借入れ

土日対応の借入方法は「瞬フリ」「提携ATM借入れ」の2つです。

クレジットカードや光熱費の引落しの残高不足を補うために金融機関口座にお金を入れておきたい人は「瞬フリ」を利用しましょう。

冠婚葬祭などですぐに現金が必要な人は「提携ATM借入れ」を利用しましょう。

瞬フリ(口座振込)

瞬フリとは、契約者の口座に最短10秒で振込みするサービスで、急な引落しにも対応できます。
また、瞬フリは手数料0円で、原則24時間365日いつでも利用できます。

【瞬フリの利用方法】

  1. プロミス会員サイトにログイン
  2. 「お客さま情報の照会・登録/変更」の「振込先口座登録・変更」から振込先口座を登録
  3. 「瞬フリ(振込キャッシング)のお手続き」から、振込キャッシングのお申込み
  4. 振込金額を入力
  5. 最短10秒で指定口座に入金

金融機関によって振込実施時間が異なるので、すべての金融機関が24時間365日振込に対応しているわけではありません。

24時間365日対応している主な金融機関は以下です。
【主な金融機関】

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行

上記以外の金融機関を利用している人は、下記の「金融機関別振込実施時間検索」から振込実施時間を確認できます。
金融機関別振込実施時間検索

また、プロミス側のシステムメンテナンスによって、受付時間によっては振込が翌日になる場合もあります。
以下の時間帯に瞬フリを申し込んだ場合、振込は翌日になります。
【毎週のメンテナンス】

曜日 瞬フリ受付時間 振込実施時間
土曜日 23:30~24:00 翌日8:45~9:30頃
日曜日 0:00~4:00 当日8:45~9:30頃
18:50~24:00 翌日8:45~9:30頃
月曜日 7:00~8:00 当日8:45~9:30頃

また、正月、ゴールデンウィーク期間中も以下の時間帯に申し込んだ場合、当日に振込されません。
【正月、ゴールデンウィークのメンテナンス】

瞬フリ受付時間 振込実施時間
12月31日18:50~1月4日8:00 1月4日8:45以降
5月2日18:50~5月6日8:00 5月6日8:45以降

年末年始やゴールデンウィーク期間中は、お出かけなどで出費が増えるでしょう。
そのため、年末年始やゴールデンウィーク前は事前に瞬フリに申し込むといいでしょう。

提携ATM借入れ

すぐに現金が必要な人は、提携ATM借入れを利用しましょう。
プロミスは、セブン銀行ATMやローソン銀行ATM、三井住友銀行ATM、ゆうちょ銀行ATMなどで借入れ可能です。

通常、ATMから借入れするにはローンカードが必要なので、ローンカードが郵送されるのを待たなければいけません。
しかし、セブン銀行ATMとローソン銀行ATMでは「スマホATM」を利用すれば、ローンカード不要で借入れが可能です。

【スマホATMの利用方法】

  1. プロミスのアプリをダウンロードしてログイン
  2. アプリの「スマホATM取引」をタッチ
  3. アプリの「出金」をタッチ
  4. ATM画面の「スマートフォン取引」をタッチ
  5. ATM画面に表示されたQRコードをスマホで読み取る
  6. アプリに表示された企業番号と暗証番号をATMに入力
  7. ATM画面で取引金額を入力
  8. 完了

すぐに現金が必要な人にとってコンビニATMは便利ですが、手数料が発生します。

取引額 借入れ
1万円以下 110円
1万円超 220円

手数料を節約したい人は、ローンカード到着後の借入れは手数料無料のプロミスATMや三井住友銀行ATMを利用しましょう。

また、毎週月曜日0:00~7:00はプロミス側のメンテナンスがあるため、すべての提携ATMを利用できません。

土日でも増額できる

ネット上では、「プロミスの増額審査は平日のみ」と記載されていますが、土日でも増額は可能です。

プロミス担当者に増額審査は平日のみなのか確認したところ「増額審査は、WEB申込みなら休日も可能です」との回答を得ました。

プロミスの増額申請は会員サイトの「ご利用限度額変更申込」から可能で、審査に通過すれば当日中に増額できます。

返済期日が土日の場合は、返済期日が翌営業日になる

一般的に給与振込日が土日の場合は前営業日に振込みされるので、「プロミスの返済期日が土日だった場合、返済期日は前営業日になるのではないか」と思うかもしれません。
プロミスの返済期日が土日になった場合、返済期日は翌営業日になります。

そのため、土日祝日であっても、慌てずに返済するといいでしょう。

ちなみに、プロミスの利息は、借りた日数分だけ利息が発生する「日数計算」なので、 返済期日より前に返済すると利息が少なくなります。
返済準備ができている人は、返済期日より前に返済しておくといいでしょう。

土日の問い合わせ可能時間

各種問い合わせの時間は下記です。

問い合わせ窓口 営業時間(土日) 営業時間(平日)
インターネット(はじめての人)テキストリンク 24時間 24時間
インターネット(会員の人)テキストリンク 24時間 24時間
電話(0120-24-0365) 9:00~21:00
(カード紛失・盗難は24時間)
9:00~21:00
(カード紛失・盗難は24時間)

プロミスコールでは、申込や取引に関する相談が可能です。
一部時間帯は自動音声になりますが、カード紛失や盗難の場合は24時間オペレーターが対応します。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短30分で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短30分で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから融資まですべてWEBで完結可能
  • 瞬フリ利用で土日夜間でも24時間365日最短10秒!
  • アプリローンの利用でカードなしでセブン銀行ATMから借入可能
実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短30分