プロミスの返済をコンビニATMで行う方法

「近所に銀行がないからプロミスの返済をコンビニで行いたい」「事前にコンビニでの返済方法を知ってスムーズに返済したい」と思っているのではないでしょうか。

プロミスの返済は、コンビニATM、またはファミポートなどのマルチメディア端末を利用すれば原則24時間365日返済可能です。

ここでは、「コンビニATMを利用したプロミス返済の流れ」と「手数料を無料にする方法」について解説しまう。

プロミスの返済が可能なコンビニ

プロミスの返済が行えるコンビニは下記です。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • イーネットATMが設置されているコンビニ(ファミマやデイリーヤマザキ)

コンビニATMは基本的に24時間利用可能ですが、提携ATMのメンテナンス時間によっては利用できない時間があります。

基本的にメンテナンスは深夜に実施される傾向があるので、深夜に返済をしようと思っている人は、事前にメンテナンス時間を確認しておくといいでしょう。

セブン銀行ATM利用可能時間

ローソン銀行ATM利用可能時間

イーネットATM利用可能時間

また、毎週月曜0:00~7:00時はプロミス側のメンテナンスがあるため、全ての提携ATMを利用できません。

コンビニATMでの返済手順

コンビニATMの返済方法は「プロミスカード返済」と「スマホATM返済」の2つあります。

プロミスカードを利用した返済方法は、コンビニATMにプロミスカードを挿入して画面ガイダンスの案内に従うだけです。

スマホATM返済

スマホATMとは、カードレスで借入れや返済などができるサービスです。

プロミスカードを利用した返済はどこのATMでも利用できますが、スマホATMはセブン銀行ATMとローソン銀行ATMのみに対応しています。

【スマホATMの返済方法】

  1. ATMで「スマホ取引」をタッチ
  2. プロミスアプリを立ち上げ「入金」をタッチ
  3. ATM画面に表示されたQRコードをアプリで読み込む
  4. アプリに表示された企業番号をATM画面に入力
  5. ATMに紙幣を入れて完了

なお、スマホATMを利用するには、事前にプロミスアプリをダウンロードしてログインする必要があります。

コンビニATMの返済手数料

コンビニATMで返済すると手数料が発生します。
【手数料】

取引額 返済時の手数料(税抜き)
1万円以下 100円
1万円超 200円

手数料はセブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM同じです。

手数料を無料にする方法

コンビニATMからの返済では毎回手数料が発生するので、返済回数が多い人は下記の方法で手数料を無料にするといいでしょう。

【手数料を0円にする方法】

  • プロミスポイントサービス
  • ファミポート
  • インターネット返済
  • 口座振替

プロミスポイントサービス

プロミスポイントサービスを利用すればコンビニATM手数料が最大60日間無料になります。

プロミスポイントサービスとは、プロミスインターネット会員サービスの利用に応じてプロミスポイントが貯まり、貯まったポイントを利用することで、「提携ATM手数料無料」「一定期間無利息」を受けられるサービスです。

ポイントは「毎月の初回ログイン」や「プロミスのお知らせ確認」などで貯まります。

40ポイント利用で「提携ATM手数料無料サービス」を受けられ、提携ATM手数料無料サービスの申込日から翌月末までコンビニATM手数料が0円になります。

プロミスポイントサービス申込と初回ログインで、最初から110ポイント付与されるため、すぐに「提携ATM手数料無料サービス」を利用できます。

プロミスポイントサービスの申込方法とポイントの貯め方は下記から確認できます。
プロミス公式:「プロミスポイントサービス」

ファミポート

ファミリーマートに設置されているファミポートを利用すれば手数料0円でプロミスを返済できます。

ファミポートの画面ガイダンスに従い、必要項目の入力が済むと申込券が発行されます。申込券を受け取り後、レジにて支払いをして返済完了です。

なお、ファミポートは毎週日曜日23:10~月曜日7:00まで利用できません。

ファミポートの操作方法は下記から確認できます。
ファミポートの操作方法

インターネット返済

インターネット返済は、振込手数料0円で24時間365日利用可能です。
ただし、プロミスのインターネット返済の利用には、利用している金融機関口座にてインターネットバンキングの手続きを行う必要があります。

インターネット返済の利用方法は、プロミス会員サイトから返済金額を入力するだけです。
入力後、最短10秒で利用している銀行口座から返済額が引落しされます。

なお、インターネット返済は原則24時間365日利用可能と先述しましたが、プロミス公式「インターネット返済」によると、下記の時間帯は受付を停止しています。

  • 毎週日曜日23:00~月曜日7:00
  • 毎月第3日曜日0:00~6:00、および前日土曜日の23:00~24:00
  • 各金融機関メンテナンス日

インターネット返済の利用手順は下記から確認できます。
プロミス公式:「インターネット返済」

口座振替

口座振替は振替手数料0円で、毎月返済日に利用口座から自動的に引落しされます。
ただし、口座振替を利用するには、プロミス会員サイトにて利用金融機関の登録が必要です。

プロミスの口座振替の詳細は下記から確認できます。
プロミス公式:「口フリ(口座振替)」

1,000円未満の端数の返済方法

コンビニATMで完済するときに、1,000円未満の端数分が残ることがあります。
1,000円未満の残高には利息がかからないので、残しておいても返済の遅れや滞納にはなりませんが、端数分を返済しなければプロミスを解約できません。

端数分も返済するには、多めに入金しておつりを返金してもらいましょう。

たとえば、残高と利息合計が5,100円の場合、6,000円入金して900円のおつりをあとからプロミスに返金してもらいます。

おつりの返金はプロミスに電話連絡をすれば利用している金融機関口座に振り込んでもらえます。

プロミスコール:0120-24-0365(平日9:00~18:00 年末年始不可)

多めに返済しても大丈夫

まとまったお金が入ったら、早く完済するために、いつもより多めに返済したいと思うことがあるでしょう。

多めに返済する際、プロミスへの事前連絡やその他手続きは不要です。

いつもより多く返済すれば返済期間が短くなるので、積極的に返済していくといいでしょう。