アイフルでの申込や審査時に必要な書類と提出方法

「アイフルで必要書類ってなに?」「必要書類は用意したが提出方法がわからない」と思っていませんか?

アイフルでは複数の申し込み方法があり、それぞれ必要な本人確認書類が異なります。
また、申し込み内容によっては、本人確認書類に加えて、収入証明書が必要です。

申し込み後、準備した書類を提出するのですが、提出はアイフルのサイトから行います。

そこで、今回はアイフル公式サイトに記載されている内容をまとめ、申し込みに必要な書類、書類の提出方法の2点について紹介します。

アイフルは申し込み方法によって必要な本人確認書類が異なる

アイフルでは、申し込み方法によって、必要な本人確認書類が異なります。

まずは、申し込み方法を確認しましょう。アイフルの申し込み方法は以下の3種類です。
【申し込み方法】

  • WEB申し込み
  • スマホアプリ申し込み
  • 無人契約機申し込み

申し込み方法が確認できたら、次は、利用する申し込み方法に応じた本人確認書類を確認してみましょう。

WEB申し込み

WEB申し込みの場合、本人確認書類が2点必要です。

必要な書類は、Ⓐから2点、または、ⒶとⒷからそれぞれ1点ずつです。

アイフル必要書類”width=”250”height=”250”

たとえば、
Ⓐから2点なら、運転免許証とマイナンバーカードの組み合わせ。
ⒶとⒷからそれぞれ1点ずつなら、運転免許証と納税証明書の組み合わせです。

なお、本人名義の銀行口座があれば、本人確認書類は不要です。
WEB申し込み時に口座情報を入力し、登録ができれば本人確認が完了します。

スマホアプリ申し込み

スマホアプリ申し込みでは、顔写真と本人確認書類1点が必要です。
本人確認書類として利用できるのは、下記のいずれか1つです。
【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • マイナンバーカード

組み合わせの例としては、顔写真と運転免許証、顔写真とマイナンバーなどがあります。

無人契約機申し込み

無人契約機からの申し込みでは、運転免許証などの顔写真付き本人確認書類が1点必要です。

しかし、顔写真付きの本人確認書類がない場合は、以下の本人確認書類から2点必要です。
【本人確認書類】

  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 各種保険証
  • 国民年金手帳
  • 住民票

顔写真付きの本人確認書類がない場合の組み合わせ例は、住民票と保険証、住民票と国民年金手帳などです。

収入証明書が必要になる場合がある

借り入れ希望額が50万円を超えるなど、申し込み内容によっては、契約前に収入証明書の提出が必要です。

【収入証明書が必要になる場合】

  • 借り入れ希望額が50万円を超える場合
  • アイフルと他社との借り入れ金額が合計100万円を超える場合
  • 就業状況の確認等、審査の過程でご提出をお願いする場合

上記のいずれか1つでも該当する場合、収入証明書が必要になります。
審査の過程で急に収入証明書の提出を求められても対応できるように、事前に収入証明書を用意しておくといいでしょう。

認められる収入証明書

収入証明書として認められる書類は下記の通りです。
【収入証明書】

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給料明細書(直近2か月分)
  • 確定申告書
  • 所得証明書

収入証明書は原本ではなく、コピーを用意しましょう。

書類の提出方法

書類はアイフルに申し込み後、別途提出します。

書類の提出方法は4つあります。
【書類の提出方法】

  • ネット
  • 郵送
  • FAX
  • 窓口

ネットなら自宅からすぐに提出できるので、ネット提出がおすすめです。
そのため、ネットでの書類提出について解説します。

ネットでの書類提出方法

ネット提出の方法は、書類を撮影し、下記の書類提出サービスに添付して送信です・
書類提出サービス

アイフル申し込み方法”width=”250”height=”250”
提出書類の項目を選択後、「ファイルを選択」をクリックし、提出書類の写真を添付します。

スマホからの提出なら、スマホで写真撮影後、カメラアルバムから直接、写真を添付できるので簡単です。

なお、書類の撮影時、下記に注意してください
【撮影注意事項】

  • 書類を遠くから撮らない
  • 書類が近すぎてはみ出ないようにする
  • 文字がぼやけないようにピントを合わせる
  • 証明が反射して書類が白くならいないようにする

上記の注意事項に該当していないか確認後、書類を提出しましょう。